Blogブログ

天然100%ヘナ専門美容室アルポナのヘナに関する情報がここでチェックできます。

ヘナって1種類じゃないの?

henna-spoon
1種類だけではないんですよ。
ヘナはいくつかに分類されます。
いくつかあるヘナも天然100%のヘナをベースに作られています。
どのヘナを使っても脱色剤が入っていませんのでダメージはないので傷みません。
ですが、どのヘナにもメリットがありデメリットがあります。
体質に合うものもあれば合わないものもあります。
中には天然ヘナにアレルギーがありジアミンヘナなら大丈夫という方もいますので。
自然のものだからかぶれないんでしょ?とよく聞かれますが、そんな事ありません。
パッチテストをして上手にお使いになられたらいいと思います。
順に説明していきますので、施術されるときの参考にしてみてください。
天然100%ヘナ(インディゴミックスを含む)
ヘナ100%もしくはヘナにインディゴやその他ハーブが混ざっているものです
化粧品登録されており、植物由来の原料だけでできています。
天然なので白髪、カラー毛が染まるまでに少し時間がかかります。
一度染まると色は長持ちします。
色によっては何度も繰り返すうちに暗く感じることもあります。
1番の目的はトリートメント、髪質改善、地肌のケア、最後に色です。
髪は染まりますがついでだと思っていてください。
通常のカラーリングとは違いしっかり確実に狙った色は出ないんです。
その方の髪によって色の出方が変ります。
十人十色です。
alponaではこの種類のヘナだけを使っています。
HC染料混合ヘナ(当店では扱いなし)
化粧品に含まれる染料が入っており、化粧品登録済みのヘナとして流通しています。
鮮やかな色や暗い色を出すことができるため便利です。色落ちしやすく退色は早いです。
美容師側が理解していて詳しい説明があったり、補色として少し混ぜる分にはいいと思います。
アレルギーなどは出にくいと言われていますが、注意は必要です。
人工染料混合ヘナ(当店では扱いなし)
ジアミンヘナ、ケミカルヘナなどと呼ばれます。
色は暗く入ります。白髪も黒髪も暗い色になります。明るい色はあまり無いです。10分でしっかり染まります。
パラフェニレンジアミンが含まれておりアレルギー反応が出やすいです。重篤な症状になる場合も多く慎重に扱うべき商品です。
現在は雑貨とされており【人体には使用しないでください】と商品に記載されています。
ですが、
サロンで使っているところはまだまだ沢山ありますし、
お客様には昔から使っていて、
今から天然ヘナに変更出来ないという思いもあるのではないかと思います。
(しっかり染めたいという方は天然ヘナでは対応が難しいため天然ヘナに移行できないのだと思います)
ヘナをサロンでされる場合、必ず確認していただいた方が良いです。
よく聞くのは、
アレルギーがあるのに天然ヘナだと思ってジアミン入りのヘナで施術を受けてしまいかぶれたという話です。
どんなヘナを扱っているかサロンに確認してみてください。
天然、HC染料、人工と、その場で細かく答えられない場合、
そのお店での施術は少し不安がありますね。
明確に答えられるサロンで施術した方が良いですよ。
自分でする場合も商品の裏面にある成分表示、品質表示をよく確認してくださいね。
天然100%か、HC染料入りか、ケミカルヘナか。
アレルギーのある方は慎重に選んでくださいね。
どのヘナを使ってもダメージはないです。髪は傷みません。
ですが、どのヘナを使ってもカラーチェンジは難しいです。
ケミカルヘナは悪だ!
他の国では使用禁止です!
と不安をあおるようなことをアピールされてる方もいますが、
ご自分で十分に理解して使う分には何ら問題ないんじゃないかと私は思います。

関連記事